|被ばく相談箱フロントページ参考図書低線量被ばくのサイエンスお問い合わせ|
        
ご質問/ご相談内容 aa

CT検査を担当している看護師です。照射の間は検査室の外にいますが、照射後すぐに何度も検査室に出入りします。検査は1日に10回以上あります。毎日のことですから、被ばくが心配です。


回答/科学的根拠

回答:
CT装置から放射線が出るのは、”照射中”だけです。したがって、照射の前後に入室するあなたは被ばくはしません。

詳しい説明:
病院でおこなう放射線検査には、
1)患者に放射線を照射する検査: X線撮影・CT検査・透視検査
2)患者の体内に放射性物質を投与する検査: PET検査・核医学検査
の2種類があります。
1)の検査では、X線装置からX線が出ている間だけ、室内に放射線が散乱しています(散乱X線)。放射線じたいは残りませんので、照射が終わった瞬間から、室内には放射線はありません。
2)の検査では、放射線を発生する検査薬が患者の体内にある間は患者が放射線の発生源となりますので、患者の近くにいる場合には被ばくすることになります。しかし、検査薬の放射線は時間経過に伴って弱くなってゆき、十分な時間(検査によって1日から数日)が経てば、完全に消えてしまいます。

ffff


  
参考
「何か心配ですか?医療被ばく」第2章
p53<2.検査の種類と被ばくのタイプ>
  
参考
「何か心配ですか?医療被ばく」第8章
p206<1.患者以外の被ばく>